62)マツダR360クーペ/Mazda R360 coupe
Mazda_title3.png  
*MAZDA  CLASSIC*
■マツダR360クーペ/Mazda R360 coupe

mazda1-1*.jpg

 マツダ、当時の東洋工業が送り出した初めての乗用車。ミニマム・サイズの軽自動車ではあったけれど、そこに盛り込まれたメカニズム、スタイリングはちょっと捨て置けない逸品であった。すでに三輪トラックをはじめ自動車メーカーとして着実な歩みをみせていたマツダだけに、乗用車進出に対しても並々ならぬ意欲を注ぎ込んだ、そんな印象だった。
 ホイールベース1760mm、全長3m足らず、エンジン排気量は356cc。現代の「軽」よりふた回りはコンパクトなマツダR360クーペだが、グラス・エリアの大きなスタイリングは、当時の小型車のなかにあってひときわ垢抜けていた。多分型代をはじめ生産コストは掛かっているだろうに、と想像させる。リアに搭載されるエンジンにしてもそうだ。ライヴァルたちがコスト的に優位な2ストロークばかりだったときに、4ストローク空冷90°V2気筒を採用した。それもアルミ合金やマグネシウム合金まで多用して軽量化するなど、贅沢な素材を使う。ほかにもドライ・サンプ、吸入ガス予熱など、小さなボディに似合わず、いかにも技術志向のブランドを印象づけたのであった。トルク・コンヴァーターを用いたA/Tの採用も「軽」で初のものだった。
 まだイノウエが小学生の頃、わが家の初の乗用車がマツダR360クーペであった。2+2とは名ばかり、硬い荷台のようなリアに押し込まれて、いろいろなところに連れ出された。トーション・ラバーによる四輪独立懸架は、結構ソフトでユラユラと走っていたのを憶えている。

mazda1-2*.jpg