58)ロータス・エリーゼ(111)/Lotus Elise

Lotus_title.png

*LOTUS  NEW*

■ ロータス・エリーゼ(111)/Lotus Elise


Lotus1-1.jpg


 現代、ロータス・エリーゼほどクルマ好き専用、と思わせるクルマはない。クルマはパワーがあることと同じくらい軽量、コンパクトなことが走りに加担する。それをそのまま実現してみせてくれているのがエリーゼだ。

 軽量であるためにアルミ系の素材を航空機技術を応用して、接着剤によって組み立てたシャシー単体を見たのが1995年のフランクフルト・ショウでであった。そのシャシーに、ロータスお得意のFRPボディを組み合わせて、エリーゼは形づくられている。ホイールベース2300mmのミドシップ、全長3726mm(日本の届け出値は3800mm)という数字は、実に引き締まったいいプロポーションをつくり出す。もちろん、走ったときの取り回しのよさはこのサイズならでは、というところ。

Lotus1-2.jpg












 1999年、英国でエリーゼを堪能する機会を得た。嬉しいことに、半日掛けてのちょっとしたドライヴ旅行に出掛けさせてもらったのである。英国郊外のなだらかな丘をアップダウンするワインディング・ロードは、実に走らせる愉しさを満喫させてくれた。途中のバーにエリーゼを停めて撮影し、昼食を摂ったのだが食べている間も、窓の外のエリーゼを眺めては早くまた走り出したいような気分にさせられる。とにかく、走らせたくなるクルマ。クルマ好きを虜にしてしまう類のクルマなのであった。
 いいところずくめのようなロータス・エリーゼ、難点があるとしたら、少しばかりの室内の狭さと高価なことか。前者はルーフが付けられた状態での乗り降りが少し面倒なだけで、乗り込んでしまえば却ってそのタイト感が嬉しくなる。小気味よい走りだから、どこまでも走っていたくなるのは当然の帰着というもの。いや、実際にロータス工場に戻り着いたとき、なんと名残惜しかったことか。

Lotus1-3.jpg