39)ホンダS600〜/Honda S600〜

Honda_title3*.png


*HONDA  CLASSIC*
■ ホンダS600〜/Honda S600〜

honda4-2*.jpg

 熱心なホンダSオーナーの友人が「HTCCクラブ結成35周年」というのに、おめでとうを言ったのが2010年だから、もうすぐ40周年。ホンダS500にはじまり、S600、S800とつづくホンダASシリーズは、それこそ一生ものになるほどに長きにわたって愛好されている。HSCCこと「ホンダ・ツウィンカム・クラブ」だけでなく、英国をはじめ海外にもいくつかのクラブが存在するほど。イノウエも英国のサーキットで遭遇したり、英国ウェールズの片田舎、蒸気機関車撮影に行った先で、偶然にレストレーション作業に勤しんでいるクルマ好きのガレージにホンダS800を発見したりして驚いた。英語版の「e-books : Honda S500、S600、S800 by Koichi INOUYE」(インターブックス)として、翻訳出版されているのも、なるほどというところ。
 なにはともあれ、1Lにも満たない小さなエンジンにDOHCメカニズムをはじめとして持てる技術をすべて注ぎ込んだような姿勢は、一生ものとして所有するに値うる魅力の原点。のちのちのホンダNSXに通じる「ホンダイズム」の発露というものだ。一時期所有していたり、1台をレストレーションする過程をつぶさに追いかけてみたり、いろいろ楽しませてもらった。ホンダらしいアイディアも凝らされていて、今なお側に置いておきたくなるような、まさしく趣味対象だ。
 そうだ、ホンダS600クーペの得もいわれぬスタイリングは、BMW Zクーペ、ジャガーXK120fhcなどと並んで、「傑作」としてじわじわ味が出てくるひとつとして注目、ということを付け加えておこう。

honda4-1*.jpg