42)ホンダNSX/Honda NSX
Honda_title3.png

*HONDA  CLASSIC*
■ ホンダNSX/Honda NSX

honda5-2.jpg

 クルマにはいろいろな価値があるけれど、ホンダNSXもまた永遠に残しておくべきひとつとして忘れられない。マーケットのニーズに従って合理的に設計、コストを下げて量産し、商品として高い価値を持たせたクルマが多いなか、その真逆をいっているかのような印象を与えるのが、ホンダNSXであった。
 軽量であるためにアルミニウムを多用し、そのための専門工場までつくったという話は後世まで語り草として伝えられるにちがいない。2005年の生産終了後もレストレーションに対応する「リフレッシュ・プラン」なるサーヴィスを行なうなど、生まれながらにエポックメイキングな存在を目指し、それが継続されているのは素晴らしい。
 誕生時にそれを特集したヴィデオ・マガジン制作に関わったことで、じっくり観察し取材した。基本的にはフェラーリ328GTBが下敷きになっているようにみえるが、実際の「モノ」としての完成度は遥かにお手本を凌駕している。まさしく、職人の手づくりによるフェラーリに対し、かっちり機械で基本をつくり、それに職人技を添加したようなホンダNSXは大資本ならではの力を見せつけるかのようであった。どちらがいい、悪いではなく、両方を選ぶことのできる豊かさを感じたものだ。
 美しいなかにちょっとしたデザイナーのワンポイントを注ぎ込んだフェラーリに対し、「単なる美人は撮りにくい」と評したのはクルマに期待するもののちがい、というものだろう。

honda5-1.jpg