92)スバル360コンヴァーティブル/Subaru 360 convertible
Subaru_title3.png

*SUBARU  CLASSIC*
■ スバル360コンヴァーティブル/Subaru 360 convertible

subaru1-1.jpg

 スバル360が日本の乗用車界に与えたものは、その小さなボディからは想像もできないほど大きい。とりもなおさず、ゼロから考え工夫して完成させたモデルだからこそ、そこから得られた技術はそのまま蓄積されて、その後の基礎となる。もちろん今日的な目で見ると時代の差は大きく感じられはするものの、クルマの原点という風に考えると、スバル360にはまさしく文化財的価値が宿っている。
 幾度かスバル360愛好家の皆さんに取材させていただいた。それぞれが、まるでペットのように愛玩しているのが伝わってきて、見ている方も嬉しくなったものだ。各タイプのスバル360をみせてもらったが、そのなかで特別印象に残っているのがスバル360コンヴァーティブルだ。たとえばフィアット500が車内の籠り音を防ぐ意味もあって、カンヴァストップを採用した、というのと同じで、単にオープンエア・モータリングが愉しめるという以上の効用がもたらされているようだった。
 加えて、オープンは維持しにくい、しかも初期モデルというハンディを越えて、オーナーがきっちり維持されている様子が素敵であった。スバル360のいるガレージ。そこは趣味の基地のようであった。

subaru1-2.jpg