07)アルファ・ロメオSZ/Alfa-Romeo SZ
Alfa-romeo_title2.png

*ALFA-ROMEO  MODERN*
■ アルファ・ロメオSZ/Alfa-Romeo SZ

alfaromeo7-1.jpg

 アルファ・ロメオ ジウリエッタSZから30年を経て「SZ」の名が蘇った。ふたたびちょっとした低迷に陥っていたアルファ・ロメオが、久々にヒットしかかっていた小型車、アルファ75のフロアを利用し、カロッツェリア・ザガートが腕を奮った。ジウリエッタ時代とちがうのは、アルミではなくてFRPを使って軽量を実現したことだ。しかし、スタイリングは好嫌二分するようなものであった。
 最初に姿を現した1989年のパリ・サロン。忘れもしない、となりに徳大寺有恒さんがいらして、ヴェイルを脱いだとたんに「アグリイだなあ」と呟かれた。3対の四角いヘッドランプを並べたフロント、まとまりを欠いた四角いリア、確かに、かつてのジウリエッタSZのような愛すべき形は感じられなかった。
 その翌年だったか、イタリアでアルファSZの試乗の機会を得た。スタイリングのことが引っかかっていて、さほどの期待を抱くことなく走り出したのだが、いや、走ってみるとそのポテンシャルの高さに目を瞠った。特別傑出したところがない代わりに、高い次元でそつなくいい走りを示すといった風。半日を痛快に走っているうちに、すっかりアルファSZがお気に入りになっていた。そうして見るうちにスタイリングも個性的で悪くない、と思えてくるから不思議だ。もちろんクラシックなジウリエッタSZと直接較べるものではないけれど、いや、アルファSZもいいなあ。

alfaromeo7-2.jpg