31)フェラーリ365GT4 2+2/Ferrari 365GT4 2+2
Ferrari_title2.png

*FERRARI  CLASSIC*
■ フェラーリ365GT4 2+2/Ferrari365GT4 2+2

ferrari7-1.jpg

 フェラーリは伝統的に1気筒あたりの排気量を以って型式名をつけてきた。だから「365」というのは365×12気筒、つまりは4.4Lエンジン搭載車であることを示す。こんな話は、基本的には12気筒エンジンしかつくってこなかったフェラーリの誇りに満ちたむかし話になってしまったようだ。
 話変わって、ここに1台のフェラーリらしからぬGTがある。フェラーリ365GT4 2+2。スタイリングを見ての通り、のちのちフェラーリ400、412となったことで、ああ、と思ったりするがその祖であり1970年代中盤のちょっと捨て置けない雄大な2+2だ。同じ「365」として大きな人気を得たフェラーリ365GTB/4「デイトナ」から画期的なミドシップ、フェラーリ365GT4BBにチェンジする時代の、「もうひとつのフェラーリ」というものである。フェラーリはフラッグシップ・モデルとは別に高価な4人乗りGTをつくり、その儲けでレース活動をしていた、などといわれた。
 たとえば、「BB」とはフロント・フード上に設けられた銀色のルーヴァなどに共通のモティーフを見出すことができる2+2は、のちのフェラーリ412などと較べるといかにも骨っぽい。DOHCのV12気筒エンジンは、「デイトナ」の280PSより遥かにマイルドな245PSだが、まだ威勢のいい時代のもの。さすがフェラーリの血筋を思わせる。
 とびきりのフェラーリのセカンドカーはこんな2+2だと格好いいのだが、現実はみんな優秀なメルセデスなんだろうな。

ferrari7-2.jpg