kisya2_title.png


   ■ロッチデール・オリンピックGT/Rochdale Olympic GT
*ROCHDALE  CLASSIC*   

      

kisya2-1.jpg

      


       

 1950年代から60年代にかけて、英国には「バックヤード・ビルダー」と呼ばれる小メーカーが数多く存在した。文字通り、バックヤード、すなわち家の裏庭でクルマをつくってしまう、そしてあわよくば生産して販売してしまう。いかにもアマチュア臭の残る、それだけに個性的で興味深い作品が少なくなかった。なんとなれば、クルマづくりに燃えたコンストラクターのボスこそ、われわれと同じクルマ好きだったりするのだから。
 で、ロッチデール。ロッシデールと読むのか、いやロックデールなどと諸説あったが、ここでは英国在住の友人のご託宣にしたがってロッチデールで進める。そもそもは戦後間もなく、アルミでボディをつくるところから、メーカーとして名乗りをあげたロッチデールは、1950年代後半に当時の新素材、FRPに移行する。そしてつくりあげたのがオリンピックGTという、コンパクトなクーペであった。最大の特徴はそのFRPでシャシーまでを形づくり、軽量FRPモノコックを実現したこと。ロータス(初代)エリートがFRPモノコックの草分けとして知られるが、それとほぼ同時期にロッチデールもトライしていたのだ。
 オリンピックGTは1960年から最終的には400台ほどがつくられたというから、この種の「バックヤード・ビルダー」としては大した成功作といえた。初期モデルはエンジンにライレイの1.5Lをコンヴァートしたのをはじめとして、その他BMC各車のコンポーネンツを利用していたが、1963年からはBMCからフォードのコンポーネンツに移行してMk-Ⅱにチェンジ。60年代いっぱい生産がつづいた。
 写真は後期型のロッチデール・オリンピックGT。アルミ・ホイールはじめ少々手が入れられているが、英国の愛好家のもとで大切に維持されている1台。

      


       

           

kisya2-2.jpg

      


      

kisya2-3.jpg

 

kisya2-4.jpg