06)アルファ・ロメオ ジゥリエッタ・スパイダー/Alfa-Romeo Giulietta SpiderAlfa-romeo_title2.png


ALFA-ROMEO CLASSIC


アルファ・ロメオ ジゥリエッタ・スパイダー/Alfa-Romeo Giulietta Spider


 それこそ役者揃いかつ粒揃いで、ひとつを選べといわれると大いなる悩みを抱えてしまうアルファ・ロメオ。ジゥリア・スプリントGTのシリーズはもう「定番」として人気が確立されているし、4ドアのジゥリア・スーパーも捨て置けない。もちろん、時代が流れてアルファスドやアルフェッタGT、さらにはアルファ164(とくにQ4)、アルファ156もやがて残るクルマになるだろう。

 そうしたもろもろを思い巡らした果てにジゥリエッタ・スパイダーをあげておこう。なんといってもあの「可憐」と形容されるスタイリング、それにコンパクトで手に余らないサイズ。趣味のクルマ、として主張するならなかなかいい条件が備わっている。いうまでもなく1950年代後半に登場して、アルファ・ロメオの体質改善におおいに貢献したシリーズとしてジゥリエッタ・シリーズは存在し、1960年代にひと回り大きな1.6L~のジゥリア・シリーズに移行する。だけれど、基本的に1.3Lのジゥリエッタ・シリーズでも不足はなく、すでにメカニズム的には完成の域に達していた(とくに1959年~の101系以降)から、維持していくのに特別困ることはない。


06-1+.jpg


 逆に美点をあげたら、まあ留まるところを知らない。ピニンファリーナ・スタイリングのボディは、まずその第一にあげられるべきものだろう。アルファ・ロメオの楯グリルを中心にしたフロントから、ちいさな主張をするテイルフィンに至るまで密度の濃いディテールが詰まっている印象だ。それには、もともとのジゥリエッタのフロアパンを130mmちぢめて2250mmとしたホイールベースの効果が大きい。それは、走って小気味よいことにもつながっているはずだ。

 イノウエが好きなのはインパネ。基本、ボディと同じ色の鉄板なのだが、上部をパッドで覆いクラシカルなヴェリア製メーターを並べたパネルは、ホーン・リング付のステアリング・ホイールとも相俟って、独特の「いい雰囲気」を醸している。1963年~はエンジンを1.6Lにした同じボディのジゥリア・スパイダーに発展するが、エンジン・フード上のパワー・バルジがないこと一点を採っても、ジゥリエッタがいいなあ。


06-2+.jpg