10)アルピーヌV6ターボ/Alpine V6 turbo

Alpine_title2.png


ALPINE  CLASSIC

アルピーヌV6ターボ/Alpine V6 turbo


10-1+.jpg


 アルピーヌというと趣味的には「A110」シリーズにのみ集中してしまったかのような印象がある。それは1970年代に入ってルノーがアルピーヌを傘下に収めるとともに、1モデル名としてアルピーヌの名を使用するようになって、あの、スポーツ性能をなによりも優先してきた本来のアルピーヌの精神が失われたことと無縁ではあるまい。それはしっかり念頭においておくとしても、のちに登場してくるアルピーヌはそれはそれで魅力的な存在である。

 アルピーヌA110シリーズの後継とされるA310シリーズが登場したのは1971年のこと。それは前衛的スタイリングで、あまりにもの変貌振りにかつてのアルピーヌ好きが一気に醒めてしまったのだった。その後、1976年にV6エンジンを搭載されたA310V6が登場。スタイリングにも手が入れられたアルピーヌV6GTが1985年に発表されるに至って、ようやく新たな別のモデルという思い切りができたような経緯がある。


10-2+.jpg


 いつだったか、途中の変化を辿ることなしに、いきなりアルピーヌV6ターボを取材する機会を得た。数日間与えられ、写真を撮ったりもちろん試乗して結構な時間を過ごした。それと前後して、街中でアルピーヌV6GTやV6ターボを見掛けることも増えた。なかなか洒落たスタイリングで個性的なライフスタイルが感じ取れるようなオーナーにも出遇って、かつてのA110シリーズとはちがう魅力の持ち主、と強く実感したのだった。アルピーヌV6はひと口でいえばエキゾティックなスタイリングのよくできた高性能GT。ボディの軽さに、かつての血統が少し感じられたりするのもいい感じ、であった。

 1991年にマイナーチェンジしてアルピーヌA610を名乗る。それから類推するに、A310V6がA410に、アルピーヌV6がA510に相当するわけで、1990年代中盤にA610がフェードアウトしたことで、アルピーヌの名は消滅したのだった。