17)モーリス1100/Morris 1100

Morris.png


MORRIS  CLASSIC

モーリス1100/Morris 1100


17-1+.jpg


 「ミニはオースティン生まれだが、ADO16はモーリスの血統なんだ」

 骨の髄から英国車党の大先輩はタバコをくゆらせながらイノウエに講釈してくれたものだ。1960年代の英国自動車産業はちょっとした混乱のなかにあった。いくつものブランドがひとつの傘の下に収まり、「バッジ・エンジニアリング」と呼ばれる手法でいくつもの同型/ブランドちがいがつくられた。

 ご存知、英国ミニもオースティン、モーリスのふたつのブランドでスタートしたし、そのひとつ上級モデルとしてつくられたADO16シリーズは、モーリス、オースティンだけでなくライレイ、ウーズレイ、MG、ヴァンデン・プラと実に6ブランドもがつくり分けられていた。1962年から1974年まで、優に200万台を超える数つくられ、ミニと並んでひとつの英国らしさの象徴のようなADO16。わが国ではヴァンデン・プラが特別人気というようなところがあるが、どれもがそれぞれのブランドの特徴をうまく演出していて、興味深いものであった。


17-2+.jpg


 そのベイシックに拘ってモーリス1100を採り上げよう。シンプルな横バーのグリル、ふたつの小インディケイター組込みの横長メーター1個だけのメーター周りなどシンプルに徹した結果、ヴァンデン・プラの2/3ほどのプライス・タグであった。それでも、「ハイドラスティック」と呼ばれる素晴らしい乗り心地の足周り、ルーミイでエレガントなスタイリング(ピニンファリーナ・デザインといわれる)など、当時の小型車にして見るべきところの多い、忘れられない存在である。