36)フォード・マスタング/Ford Mustang

Ford_title.png


FORD  CLASSIC

フォード・マスタング/Ford Mustang


36-1+.jpg


 「旧き佳きアメリカン」というと、テイルフィンをそびえ立たせた1950年代の思い起こすのかもしれないが、そうした特別な時代はさておき、永遠に残しておきたいモデルのひとつとして、フォード・マスタングがある。

 1964年、マスタングは、フォードにとって初めての小型車といっていいファルコンをベースに、「スペシャルティ・カー」という新しいジャンルの主張とともに登場してきた。そう、わが国のトヨタ・セリカなどが大いに参考にした「お手本」にもなったものだ。「フルチョイス・システム」を用意し、エンジンや内装など好みに合わせて選べるようにしたのも、マスタングの手法。マスタングにはハードトップとともに軽快なコンヴァーティブル、のちにファストバックのクーペが追加された。いうまでもない、セリカLBを思い起こさせるクーペだ。


36-2+.jpg


 初期の1966年式のフォード・マスタング・コンヴァーティブル289。289とは米国流、289cu.in.(立方インチ、約4.7L)のV8OHVユニット搭載であることを示している。3段のオートマティック・ギアボックスのセレクト・レヴァをはじめ、きらびやかなインテリア、ホワイト・リボンのタイヤにスポーク・ホイールなどアメリカン・テイストにすべてが包まれている。

 小型車とはいったものの、それは米国の標準というもので、2743mmホイールベース、ちゃんと後にもシートを備えたマスタングは格別の存在感。とてもボニイの感じではない。エンジンをスタートさせれば、ドゥロロロ、とアメリカンV8サウンドを轟かせて走る。まさしく佳き時代のアメリカンを象徴するようなマスタングであった。