37)ジネッタG4/Ginetta G4 

Ginetta_title.png


GINETTA  CLASSIC

ジネッタG4/Ginetta G4 


37-2+.jpg


 ジネッタ・ブランドの中で一番のヒット作となったのがジネッタG4。1961年のデビュウ、その後10年に渡って500台をつくり出した、という。スーパー・セヴンのような鋼管フレームを持ち、フロントにエンジンを搭載、リアを駆動するコンヴェンショナルなレイアウト。ボディはFRPで形づくられるが、生産クウォリティは「バックヤード」の域を出ていてる。オープン2座が基本だが、デタッチャブルのハードトップ、さらにはクーペもつくられている。


37-1*+.jpg


 そもそもは1960年代のクラシカルなスポーツカーで、一時生産は中止されていたのだが、四半世紀を経て、それをほとんどそのままの形で再生産がはじめられている。つまり、旧き佳き時代のリアル・スポーツカーを求める声が高まり、その声に応えて嬉しいことにウォークレット兄弟がふたたび動きはじめたのである。

 ボディ・スタイルがいろいろ選べることとともに、エンジンも希望によってある程度自由が効くのも「バックヤード」の産物の特徴といえる。もともとがクルマ好きが自分のためにつくり出したところが原点だから、サーキットに持ち込むのか、リアル・スポーツカーとして公道でのみ楽しむのか、用途つまり自分の好みによって自由にできる、というわけだ。その自由度の高さは大きな美点にもなるだろう。


37-3+.jpg


 幾度かステアリングを握らせてもらったが、まあ愉しい。スポーツカーとはこれほど愉しいものであったか、まさしく覚醒させてくれる。絶対的な性能でいったら、それはスーパーカーというようなものとは比較にならないだろうが、愉しさ、クルマを操る悦びという基準で話したら、遥かに大きな満足が得られる。その満足感は、クルマと運転者とが協力して得られる類のものである、ということも趣味の相棒としては美点以外のなにものではあるまい。まあ、「最後の皿」のひとつというものだ。