63)マツダ・コスモ・スポーツ/Mazda Cosmo sport

Mazda_title.png


*MAZDA CLASSIC*

マツダ・コスモ・スポーツ/Mazda Cosmo sport


63-1+.jpg


 わが国産車のなかで、忘れることのできないひとつにマツダ・コスモ・スポーツがある。技術的にだけでなく、いろいろな面で発展途上にあった国産メーカーの意欲が感じ取れるものだ。高いところを目指してつくり出された国産スーパーカーといってもいい。

 なにをさておいてもロータリイ・エンジン。ドイツはヴァンケル社のライセンスを利用したとはいえ、実用化したほとんどはマツダの力によるものといっていい。2ローターの高性能エンジンは、新しいものに対するさまざまな風評などをさておいて、新境地をみせるものであった。完成したばかりのコスモ・スポーツを当時の社長自らがステアリングを握って、広島から東京のモーター・ショウ会場に駆けつけたという話は、語り草というものだ。


63-2+.jpg


63-3+.jpg


 もちろんエンジンをはじめとするメカニズムの興味が一番なのだが、イノウエはそのスタイリング、内装などにも惹かれる。フェラーリ「スーパーアメリカ」などにヒントを得たのだろうスタイリングは、しかし、「スーパーアメリカ」に較べてもずっとスタイリッシュだ。もちろん、目的がちがうのだが、小さなキャビンからリアにかけてはコスモ・スポーツの個性が光る。内装もチェッカー模様のシートをはじめ、コクピットの雰囲気もゾクゾクさせられる。

 エレガントなトヨタ2000GTに対して、ダイナミックなコスモ・スポーツ、といえばわが国を代表する佳き時代の最高峰だ。