70)MG エムジー MGA/MGA

MG_title3.png


*MG CLASSIC*

MGA/MGA


70-1+.jpg


 MGAはモデル名だから、英国では正しくは「MG MGA」というんだ、と英国車党の大先輩は教えてくれたが、わが国ではMGAで通る。先の古典的なMG Tシリーズ・ミジェットの後継として1955年に登場した。ふたつを並べてみるとよく解るのだが、Tシリーズからは大きく変身したスタイリングは、なによりもMGAを新鮮にみせた。いま見ても、どこにも破綻のないよくまとまったスタイリングだ。それまでフレームの上に乗って運転するが如くだったのを、シャシーを変形させることで低い着座姿勢を実現。現代でも違和感のないスポーツカー・ポジションであることも特筆されよう。

 当初1.5Lエンジンで登場、1959年から1.6Lに拡大されて、MGA1600Mk-Ⅱを名乗る。途中、「fhc」モデルが追加されたほか、1958年にはDOHC化したMGAトゥインカムがつくられたりした。初期のDOHCエンジンでなかなか維持が大変だったと訊く。

 それにしても、MGAの最大の魅力はスタイリングから醸し出されるその雰囲気に尽きよう。英国紳士を気取るもよし、ちょっとスポーティに決めて攻めてみるもよし、というところ。