72)MGミジェット1500/MG Midget 1500

MG_title3.png


*MG CLASSIC*

MGミジェット1500/MG Midget 1500


72-1+.jpg


 MGミジェットこそ佳き時代の英国スポーツカーの入門篇、同時に飽きることのないベイシック・スポーツカーとして、多くのことを学べる貴重な存在であった。1960年代はじめに誕生し、1980年までつくられつづけたのだが、後半はスポーツカーにとって不幸な時代、はたまた英国自動車メーカーの混乱などに巻き込まれ、チェンジするたびに好まぬ方向にいく、などと嘆く声が訊かれたものだ。

 具体的にいうと、エンジンは合理化や排出ガス規制などに対応して、トライアンフ・スピットファイア用の1.5Lが流用されたり、車体も安全基準を満たすために視覚的に重たい樹脂製のバンパーを強制されたりした。


72-2+.jpg


 ここで敢えて最終期に近いMG1500を採り上げるのも、いまにしてみればこの時期のMGミジェット1500でさえ、充分にスポーツカー・テイストを味合わせてくれる、そんな気がするからだ。確かに、メッキのアイアン・バンパーを備えMGらしいグリルを備えた姿の方が軽快。エンジンも、ひとつ前の1.3L時代の快活な反応から較べるといささか鈍重。小排気量で快活なエンジンで小気味よく走る、といったMGミジェット本来のフィーリングはいささか失われている。

 でも、トップを降ろしてオープンで走り出せば、いささかの懐かしさをともなったスポーツカー本来の味覚が甦ってくる。入門篇にして永遠の存在。現代のロードスターなどが指針にするような存在なのであった。