96)トライアンフTR3A/Triumph TR3A

Triumph.png


*TRIUMPH CLASSIC*

トライアンフTR3A/Triumph TR3A


96-1+.jpg


 英国の佳き時代のスポーツカーというと、MGとトライアンフTRが両雄というような存在であった。MGがTシリーズ・ミジェット→MGA→MGBと発展したのに対し、トライアンフはずっとTRシリーズがつくられつづけていた。トライアンフTRシリーズの最初は1952年のショウ・モデルのTR1を受けて、1953年から発売されたTR2にはじまる。そのときMGはまだ古色蒼然のMG-TDからTFに代わろうかという時代。トライアンフは新鮮な印象を与えたものだ。

 TRシリーズは1955年にトライアンフTR3、1957年にTR3Aへとチェンジする。クロム・メッキの格子状グリルが付き、ボディ・スタイリングが洗練された印象。ライヴァルMGも優美なボディのMGAを登場させ、ようやくTRシリーズに追いついた。

 さて、トライアンフTR3Aだが、フルワイズになったフロント・グリル、少し後退したヘッドランプなどが特徴的な顔つき。全体的には、ダイナミックな男っぽいスタイリングで、MGAと対照的な雰囲気を持つ。構造的にはしっかりとしたフレームを持ち、古典的なドライヴィング・ポジション。4気筒OHV2.0L、100PSエンジンも豪快な味わいに終始する。