16/06/01(晴)   ポルシェのニュウモデルは…

      

porsche1-1.jpg

      


       

 ポルシェの魅力的モデルのひとつ、ボクスターがチェンジし、その名も「718ボクスター」として日本市場に登場する。そのポルシェジャパンによる発表会が品川のインターシティ・ホールで開催された。そもそも1996年に登場した初代986ボクスターは、いささかポルシェにしては物足りなさがあったものの、しだいにシェイプアップされ、2004年発表の第二世代、2012年に第三世代と進化の一途であった。だから、この第四世代にあたる「718ボクスター」への期待は高いものがある。

       


      

porsche1-2.jpg

      


       

 ポルシェ718といえば、かのポルシェ550スパイダーの後継として知られる1950年代のレーシング。会場入口にはガルフ・カラーのポルシェ917Kが展示されていたり、雰囲気を盛り上げている。で、主役の「718ボクスター」は水平対向4気筒+ターボ・チャージャのエンジンは300PSの2.0ℓと350PSの2.5ℓ版の2グレード。従来ポルシェのエントリイ・モデルだったのが、これからは「718ケイマン」の上位に位置するようになる、という。

 サポーターにサッカー、ザルツブルグの南野拓実選手を起用するとの発表もあり、華やいだイヴェントは終了。

       


      

porsche1-3.jpg

      




Mail to mark-w.png