16/06/04(晴)  カツ丼に惹かれて福井往復1000km

      

schmitt9-1.jpg

      


       

 それにしても、日本全国各地で繰り広げられているクルマ趣味の集いの熱いこと。まだまだ力不足で、つぶさに見て回ることはできていないのだが、それでもできる限り覗かせていただきたい意欲だけは持っている。で、今回は福井の「タカスサーキット」で開催された「クラシックカー・ミーティング」に馳せ参じる。それまでミニのワンメイク・レースを中心に開催してきた「北陸ミニ・ミーティング」を今回から1980年以前のクルマとして、門戸を広げたのである。

 それにしても、福井は片道500km余。本気の取材体制のゴーリーだから、イノウエがドライヴァ担当。疲れたら代わろう、と走り出したのだが、スイスイと新東名→北陸自動車道経由で会場に着いてしまった。

 ミニは本気のレースを楽しみ、まだテスト段階ということで、集まったクラシックカーは「メモリアル・ラン」としてコースを走り申告タイムとの差を競った。クルマ好き同士の和気藹々とした雰囲気は、今後の発展を予感させる。

 で、帰り道のお楽しみ、イノウエがもう10年来直送してもらって愛好している「ソース」の製造元、ヨーロッパ軒は、実は福井が地元。市内の本店で旨しうましのソースカツ丼を食し、そのパワーが効いてか、帰りもひとりでステアリングを握り、久々に一日で1000kmを走った。ふうううう。

       


      

schmitt9-3.jpg

  

schmitt9-2.jpg

      




Mail to mark-w.png  



Schmitt Logo.png