16/07/13(曇、小雨)  二日つづきの新車発表

      

Renault1-1.jpg

      


       

 きのうプジョー、シトロエンだと思ったらきょうはルノー。それもお待ちかねのトゥインゴが、なんと会場を東京タワー下のスターライズタワーで「トゥインゴ・パリ・コレクション」と趣向を凝らして開催されるという。照明を落とした会場にはランウェイならぬコースがしつらえられ、そこをモデルとトゥインゴがウォーキング。トゥインゴは小回りが利くという特徴をアピール、という寸法だ。ゲストのモデルとしてアイヴァン嬢(?)も登場して、会場を盛り上げる。

       


  

Renault1-2.jpg

 

Renault1-3.jpg

    


       

 で、肝心の新型トゥインゴは0.9ℓ+ターボの90PSユニットを搭載したリア・エンジン/リア・ドライヴ。ルノーは4CVをはじめとして、長くR/Rをつくってきた歴史をふたたび、という感がある。全長3.63mのコンパクトなボディながら、4人に不足ないスペースを主張。トゥインゴとして初の5ドアも実現している。大きめの15インチ・タイヤでスタイリングも和み系。なにより驚かされたのはヴァーゲンといっていいプライスで、1.0ℓ、ノン・ターボ、M/Tモデルはまさしくお買い得。「いや、国産車からエントリイしていただきたいと思い、ちょっと無理してみました」とルノー・ジャポンの大極社長。

 都会の品のいい足として、パリの雰囲気まで詰め込んだトゥインゴは、ちょっと注目の、最新のスモールカー倶楽部御用達注目車、なのであった。

       


      

Renault1-4.jpg

      






Mail to mark-w.png