15/03/15(薄曇) オープンを楽しむのは夏より冬

       

opencar1-1.jpg

       



      

 いや、そこそこ温かい日曜日。先週、早くも桜が咲いている、と驚いたのだが、注意して見るともう結構あちこちにうすピンク色が出現している。イノウエは毎年、お決まりの「花見コース」というのがあって、桜並木の下をオープンで走ってお花見を満喫する。とくに散りかけのころがよくて、桜吹雪の中をゆっくり走り抜けるのは、なかなかの快感である。夏過ぎて、床のカーペットの間から乾いた花びらがでてきたりすると、また春の一日のことが懐かしく思い起こされたりする。 

        

 

        

opencar1-2.jpg

   

 さてさて、今年のお花見は、まだ少し先のことにとっておくとして、前に撮った桜の写真を持ち出してきた。カニさんとミニのカブリオレの桜の下デート。それにしても、このミニをはじめとして、オープンを見る機会がグンと増えたような昨今。東京の街中ではトップを被りっぱなしのものが多いが、オープンは絶対夏より冬の方がいい。少し寒いくらいの方がオープンで走ったという実感があって好きだ。これからの季節、オープンのお花見、もしもオープンをお持ちの諸賢は是非実行されんことを。